企業に蓄積された豊富なデータの殆どが構造化されていないデータであり、そこには未知の(潜在的な)価値が眠っています。


社内規程類、契約マニュアル、修理報告文書、あるいはお客様の声、 サポートチケット、商品レビュー等々、構造化されていない情報は企業・部門を問わず身近に大量に存在しています。 問題はそれをどのように活用するかです。 活用の第1段階にあたるのが自然言語理解(NLU:Natural Language Understanding)です。 

深層機械学習が適用された昨今のNLUの発展は素晴らしく、オープンソースや各種クラウドサービスを使用してその恩恵を享受できます。 例えば以下のような、NLUの基本的な分析手法であれば従来に比べ格段と容易に、そして高い精度で使用出来るようになっています。

自然言語理解をあなたのビジネスにプラス

容易になった自然言語処理の技術

固有表現の抽出

テキストから固有の表現(人名、組織、場所、日付・時間、数量、タイトル・・・)などを判定してラベル付けしたり、特徴的なキーフレーズを抽出します。

構文分析

特に有効なのは、主語:述語関係、修飾関係の利用です。 単語の出現量や位置関係を手掛かりとする従来の検索に、係り受け関係を加味することで更に精度の高い応答が期待できます。

分類

形態素をベースにBoWやTFIDF、交差検定など高精度な「分類」には手間がかかります。 「分類」を目的ではなく手段として必要とするなら、先ずは精度の高い分類器をもつツールやエンジンを使用するのが近道です。

NLU(自然言語理解)、検索サービス/ソリューション

拡張検索ソリューション

自然言語処理、係り受け検索

日本語テキスト解析を加えて、自社/業界特有の言いまわしをひろいたい・・・ 

 

 ● 音声、会話、フリーテキストからの検索
 ● お客様の声/レビュー分析、嗜好判定
 ● 係り受けを加味した拡張検索


単語ベースの検索エンジンに構文分析(係り受け、単語依存関係の分析)を加味することで、ユーザーの意図を反映した検索結果を得やすくなると言われています。
検索エンジンにNLU(自然言語理解)をプラスした拡張検索システムを、クラウド上にお客様専用システムとしてご提供します。

クラウドサービス

サイト内検索サービス「Siba」

検索 +自然言語理解(NLU)アプリケーション のDevOps


● クローリング&全文検索
● 商品検索
● FAQ検索
● 画像(色)検索
● ロケーション検索
● 検索ワード入力時のアシスト機能
● 検索管理画面 など


OSS検索エンジンElastic searchをベースに、当社の豊富な実績・ノウハウに基づく多彩な検索アプリケーションを、クラウド上にお客様専用システムとしてDevOpsでご提供しています。

AI型文書解析「Lumonoso Daylight」

事前の辞書登録が必要ないAI型の文書解析エンジン


● お客様の声(VOC)、社員の声(VOE) 分析に
● レビュー分析に
● 報告書や契約書といったテキスト文の分析に


対象データをインプットすれば、NLUエンジンが文章に含まれる単語からコンセプト(使われ方による意味概念)を自動抽出。従来悩まされて来た ’単語のゆらぎ' はコンセプトが吸収するので、ユーザー辞書の登録・メンテは一切不要です。

コンセプトサーチが可能な新しいテキスト解析エンジン。


※「Daylight」は米国ルミノソテクノロジーズ社の商品です。 ナレッジワークスはLuminoso Daylight の日本におけるリセラーです。

AI型文章/フレーズ分類、判定「Luminoso Compass」

事前学習に必要な教師データ数が少なくてもOK


● 文章/フレーズの分類
● 判定
 

分類カテゴリを網羅したデータを投入して学習スタート。

学習時間も教師データも少ないのにOK.リアルタイム分類・判定エンジンとしてオンラインゲーム大手などでも利用されている単機能だが高性能なクラウド型AIソフト。


※「Compass」は米国ルミノソテクノロジーズ社の商品です。 ナレッジワークスはLuminoso Compass の日本におけるリセラーです。

関連サービス

コンセプト抽出(あいまい検索)

Luminosoインテグレーション

 

時間やコストをかけてカスタムオントロジーを構築するのではなく、最新のNLU技術を適用することで、最小の期間・ワークロードで、大量の非構造化データを自動的に可視化することを選択するなら、Luminosoをお勧めします。

Luminoso 独自の言語モデリングシステム「QuickLearn 2.0」は、言語辞書やオントロジー、事前学習さえも不要な最新テクノロジーで、文書内コンセプトの自動抽出、類似性、関連性の把握を可能にします。ここ数年間にグローバルでいくつもの賞を受賞しています。

Luminosoであなたのビジネスの洞察の糸口を掴みましょう。 

※ナレッジワークスはワンストップでLuminosoをインテグレーションします。

”コンセプト検索”で活用され始めたデータ例

社内文書

●特許  ●論文  ●技術文書  ●保全記録  ●日報/週報

お客様の声(B2C)

●CSアンケート  ●レビュー/口こみ  ●コールセンターログ  ●サポートチケット  ●SNS

お客様の声(B2B)

●日報  ●カルテ  ●契約附属文書  ●SNSアラート

従業員の声

●個人インタビュー  ●社員相談(メール)  ●出張/軽費申請

その他NLU全般

NLU、検索、機械学習、AIシステムに関するご相談なら


● チャットボット開発
● 会話制御の開発支援(対象データからのエンティティ抽出、同義語生成)
● 会話評価、リアルタイム判定 など
 

NLUを使用したソリューション、特定アプリケーションの一部機能から全体システム開発・運用までをDevOpsに提供します。


● コンセプト設計
● POC(設定課題解決)
● システム開発、運用自動化
 

NLUやAIを使用するサービスのリーンスタ―トアップをご支援します。

こんな課題をお持ちの企業さまへ

1.FAQシステムやチャットボットの開発を計画している

→ 対象データからエンティティを抽出しQ&Aの自動生成を支援します。 これにより人手で行うことが多い学習用データの作成や、Q&Aペア作成といったデータ作成工程の生産性向上を支援します。 

2.CS部門で蓄積しているお客様の声。実は詳しく見れていない

→ いそがしくてデータ整備、用語辞書のメンテに時間がさけない / データアナリストがいない / 分析の視点や、軸の定め方が決まらない、といった課題。まずは、お客様の声の大きさ把握から始めてはいかがでしょう。単語や言い回しでゆらがない ”コンセプト” を使用すれだ、お客様の声がコンセプトの数として、関係性として見えてきます。

3.検索機能のパワーアップを計画している

→ 単語の出現数による検索機能を、構文やワードの係り受けを加味した拡張検索へ置き換えることで、ユーザーの意図のに沿った検索結果へ導く可能性が高まります。

NLU(自然言語理解)・検索における当社の強味

  • 検索エンジンの黎明期から取り組んでいます

  • 当社は2004年より高性能な検索エンジンのインテグレーションを数多く手がけてきました。 Webサイトのコンテンツを自動収集して分類・検索可能にするWebサーチや、入力アシスト、商品レビュー分析などは、その基盤にNLU(自然言語理解)のテクノロジを使用しています。

  • 様々な検索アプリケーションの実装経験があります

  • 検索エンジンの基本アルゴリズムでは満たせないお客様要件には、独自の言語処理プロセスを追加したり、外部サービスとAPI連携して対応します。これら検索エンジンを取り巻く個別のアプリケーションを、運用面まで考慮した「データ活用システム」としてご提供しています。