お知らせ

本日 紙面が変身! 東京新聞で「親子AR」「タイムスリップAR」を体験しよう

首都 東京の暮らしと生活を、読者とともに考える、東京新聞社では
本日3月11日付けの東京新聞 朝刊にて
『親子AR』『タイムスリップAR』企画を掲載しました。

 

5年前の2011年3月11日、未曾有の大地震が起きたのは、金曜日でした。
そのことを覚えている読者も多いかと思います。

 

『親子AR』は紙面に「東京AR」アプリをかざすと、文章がお子様向けに変身。
“あの時 何があったのか” をキャラクターかじりす君が
“記事をかみくだいて” 解説してくれます。

 

さらに『タイムスリップAR』は1面題字にかざすと、5年前の1面に変身。
3月11日から4月12日まで1ヶ月間 毎日タイムスリップし、
首都の暮らしの変化を伝えていきます。

 

『知り続ける』『伝える』ことの大切さを実感する活用事例です。

 

ナレッジワークスは 東京ARアプリ をご支援させて頂いています。

 

201603113434-01

201603113434-02

201603113434-03

201603113434-04

201603113434-05