お知らせ

自然言語処理と機械学習などを使用したビッグデータ活用プラットフォームをアマゾン ウェブ サービス上に構築

ナレッジワークスは、自社の検索サービス「SCOPE」で培ってきた自然言語処理のノウハウを、機械学習や深層学習など新技術と組合せてサービスを提供する『データサイエンス事業』を、本日より開始しました。

 

今回の発表で、ナレッジワークスは、「アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)」上に、Amazon Machine Learningをはじめとする、Amazon Kinesis, AWS Lambda, Amazon S3, Amazon Redshiftなど複数のAWSサービスと「オープンソースソフトウェア(以下、OSS)」を組み合わせ、自然言語処理、機械学習、深層学習、グラフ分析などが可能な『ビッグデータ活用プラットフォーム』をご提供します。

ビックデータの利活用に注目が集まる中、データ活用のためのプラットフォームを、信頼性とスケーラビリティに優れたAWS上にOSSを組み合わせて構築することで、お客様にとって、アプリケーション開発~稼働・運用開始までの時間を短縮し、早期に効果を得る選択肢をご提供します。

 

また、お客様は、ナレッジワークスが提供するアプリケーション開発サービス「Siba」をご利用頂くことで、ビッグデータを収集/加工/分析/表現/提供するアプリケーションを、早期に開発・稼働させることができると共に、特定メーカーに異存しないOSSライセンスの特性に基づき、稼働後の機能拡張の際にもアプリケーションのブラックボックス化などに悩まされることはありません。