予測・判定モデル

情報分析をもとに、未来を正確に予測します。

過去のキャンペーン実績を可視化しても “打ち手” が見つけ出せない、あるいは同じ手段の繰返し/キャンペーンのマンネリ化にお悩みの方へ。収集した情報を今までとは異なる視点で分析してみては如何でしょうか。
マーケティングは今、データの結果を分析するだけでなく、分析結果から未来を予測、分類、判定するPredict Marketingのフェーズへ入りました。 自然言語解析や統計分析、機械学習というデータサイエンス手法を使用したPredict Marketing を支援するデータ分析コンサルティングをご提供します。

データの図

Predict Marketing キャンペーンシナリオ・ハック

貴社のキャンペーンの打ち手として統計分析や機械学習を取り入れ、効果的なシナリオを作成します。

例)
  • ・機械学習効果・目的設計
  • ・データ設計、予備データ準備
  • ・機械学習:予備実施、予備モデル作成・検証
  • ・予備モデルを使用したキャンペーンシナリオの立案

ユースケース例1購入確度80%~の見込客の抽出

MAツールで収集した情報(属性/BANT条件 /キャンペーンに対するアクションなど)から、機械学習を使用して特定商品の購入予測モデルを作成する。
打ち手 ⇒ 予測モデル上 80%~の確率にもかかわらず、未だ購入していない見込客へ個別にアプローチする。

ユースケース例2来店客数の予測

日別地域別、手段別(ちらしやプッシュ通知など)に投じた広告宣伝費(量と料) と、目玉掲載、実来店客数、売上などからモデルを作成し、広告費を〇〇円ふやすと来店客数が何人増えるか予測できる。

統計分析、機械学習 モデル開発

自然言語解析や統計分析、機械学習といった手法を使用して、マーケティングデータや購買データ、顧客データなどを解析し教師データとして使用することで、データの予測、分類、判定などを可能とする分析モデルを開発します。

興味判別DMP連携

分析モデルは、オプションで、当社サービス 興味判別DMPに組み込んで使用することができます。そうすることで分析モデルに照らしたパーソナライズが可能となります。 あるいは、お客様独自のデータ活用プラットフォームをAmazon Web Service上に構築し、その上で他システムから連携可能な、データ分析モデルの生成、利用を可能とします。 データ活用プラットフォームの開発ならびに、データ分析モデルの開発はいずれも有料サービスです。

虫眼鏡