Sibaについて

Sibaは、「データドリブン・イノベーション」のための最適なプラットフォームを提供します。
今日のシステムは、リレーショナルデータベースやNoSQLサーバー、ログファイルや独自のシステムなど 様々なデータストアに蓄積された、いわゆるタスク思考型のシステムとなっています。
情報活用時にはそれぞのシステムに合わせた問い合わせ言語を使って、それぞれ異なるフォーマットのデータを参照することになるので、情報を活用するという意味では柔軟性に欠けています。
これらのデータをSibaのプラットフォームへ集めることで、統一された問い合わせ言語・フォーマットでアクセスでき、高速でインテリジェントなクエリ言語使用して、必要な情報へ必要な時にリアルタイムにアクセスや集計・分析、視覚化など、「 データドリブン・イノベーション」に最適な特徴を備えています。

プラットフォームの特徴

スケーラブルな
分散システム

「 データドリブン・イノベーション」に必要なシステムの重要な要素の1つは、膨大な情報の蓄積や情報活用時のトラフィックの増大に合わせてシステムを柔軟に拡張できることです。
Sibaの提供するプラットフォームは、お客様のデータ量の増加、トラフィック量増加に合わせて柔軟に拡張できます。

スキーマレス&
マルチテナント

「データドリブン・イノベーション」に必要なシステムの重要な要素の1つは、非構造型のデータ、構造化されたデータ、複雑な構造のデータなど多種多様のデータをデータの内容に合わせて蓄積できることです。 Sibaの提供するプラットフォームは、データ構造の異なるデータを柔軟に蓄積することができます。

高速なクエリの実行

「 データドリブン・イノベーション」に必要なシステムの重要な要素の1つは、膨大な情報の蓄積や情報活用時のトラフィックの増大に合わせてシステムを柔軟に拡張できることです。
Sibaの提供するプラットフォームは、お客様のデータ量の増加、トラフィック量増加に合わせて柔軟に拡張できます。

インテリジェントな
クエリ言語

「データドリブン・イノベーション」に必要なシステムの重要な要素の1つは、非構造型のデータ、構造化されたデータ、複雑な構造のデータなど多種多様のデータをデータの内容に合わせて蓄積できることです。 Sibaの提供するプラットフォームは、データ構造の異なるデータを柔軟に蓄積することができます。

データの可視化と検索

インデックス済みの情報をWeb ブラウザで参照できるKibanaを使用して、データの分析や試行を行いながら、リアルタイムのデータを瞬時に可視化することができます。 SQL言語は不要で、非エンジニアの方でも利用可能です。

短期間での開発が可能

信頼性とスケーラビリティの高さに定評のあるAmazon Web Service 上にオープンソフトウェアを組み合わせて構築するので、開発から運用開始での期間を短縮し、早期に効果を得ることが出来るようになります。