お知らせ

文化服装学院の学生と学習用アプリを共同開発、文化祭に展示しました

11月2日から11日4日まで行われた文化服装学院様の文化祭にて、グローバルビジネスデザイン科の学生と学習用アプリの試作品を開発し、「黒板AR | 空間の共有」の展示を行いました。

 

黒板AR | 空間の共有
使用端末 : iOS or Android端末
服作りを学ぶ上で立体を知ることは欠かせません。黒板ARは先生と学生がバーチャルな立体の上に文字を描き、リアルタイムで空間を共有することで意思疎通ができます。ファッションとテクノロジーを可能性を探った、学生の想像を刺激するツールとして紹介しました。

 

展示会場の設営 : 文化服装学院 グローバルビジネスデザイン科
ARマーカーのデザイン : 文化服装学院 グローバルビジネスデザイン科
アプリ開発 : ナレッジワークス株式会社

 


 
 
bunka

 


 

文化祭ではあまり紹介ができませんでしたが、その他にもHoloLensを使用したアプリ開発も進めています。

 

教材AR | レイアウトシミュレーション
使用端末 : HoloLens
店舗の空間づくりをする上で大切なVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)。好きな場所で好きな什器を使用した配置のシミュレーションを可能とし、今までにない学習方法の提案を目指しています。